クツキアイ

靴の買い方、選び方 〜5千円の靴はやっぱり5千円の靴でしかない〜

紳士靴の雑誌やネットでインタビュー記事などを読んでいると

 

「5000円の靴でも足に合っていれば、5万円の靴かそれ以上の価値がある」

 

なんてのを見かけることがあります

 

だから

 

「大事にしましょう」

「キチンとメンテナンスしましょう」

 

と締められることがほとんどです

 

これってその通りなんだけど、本当はその続きがあるんです

その本音の部分を解説しますね

 

それは

 

「とは言ってもやはり安価な靴、長持ちはしないですよ」

 「せいぜい1〜2シーズン、上手くいけば3シーズン保つかもしれません」

 「そのつもりでメンテナンス費を考えてね」

 

といった感じです

 

理由はカンタンで、安い靴は安価な素材でできているからです

 

本来、全てのパーツを革で作るのが革靴です

でもそれをすると紳士靴なら定価20000円ぐらいになってしまう

 

それを5000円にするには「できるだけ革を使用しない」しか、方法がありません

それが自社ブランドのPB商品であっても、です

 

※セールで安くなっている靴はこの限りではありません

 

ソールに始まり、ヒール、中敷き、中底、アッパーに至るまで、それぞれを合成素材に置き換えてコストダウンを図っていますが、そういった合成素材は経年劣化でダメになるので10年単位で履くのは難しい。

 

そこが洋服とは大きく違うところです

 

ずっと履かずにいた靴を出してみるとボロボロに崩れている・・

なんて経験がある人も多いのでは?

 

そうなってしまうことを前提に、履き方やメンテナンス費を考えるのがよさそうです

 

もちろん気に入っている靴を大事にするのは素晴らしいことです

 

でもその労力、金額に見合った対価が得られるか?

数千円のメンテナンス費をかけるなら、買い換えるほうが合理的では?

 

なんてことを踏まえた上で決めたほうがいいかもしれません

 

※ちなみに安価な靴は履かなくても寿命を迎えるので、気に入ってるからといって同じものの買いだめは危険です

 

 

冒頭の「5万円の靴よりも価値がある」というのはあくまでセールストークで、「だから当店でメンテナンスしてね」と言ってるに過ぎません

 

それを鵜呑みにするより、その靴の価値を「自分で決める」ほうが合理的です

 

 

まとめると

 

・セールストークを鵜呑みにしない

・安価な靴は消耗品と割り切る

・価値は自分で決める

 

ってとこかな?

 

その靴に合った履き方をしたいですね

 

現場からは以上でーす

 

 

 

 

nakajima-kutu.com